スマホ(Arrows M03)の内部ストレージにしたSDカードが死んだ話

スマホ(という呼び方が実は好きではなくて普段は携帯と呼んでいるのだけど、伝わりにくいのでここではこう呼ぶ)で使っていたSDカードが死ぬという嫌な出来事が起きたので、久しぶりにブログに書く。

まず、自分が使っているスマホは富士通のArrows M03という、一般的にミドルスペックとされている機種(もちろんOSはAndroid)。OSがAndroidで、SIMフリー対応で、かつおサイフケータイ対応の、数少ない機種の一つである。ちなみに防水・防塵・耐衝撃という、自分好みの特徴も持っている(同じ理由で、時計はG-SHOCKが好きだし、PCもタフなThinkPadやLet’s noteが好き)。

ただ残念なのはマシンスペックで、CPUは前世代の感があるSnapdragon 410で、RAM容量は控えめな2GB。購入時にもいささか心もとないと思ってはいたものの、目をつぶって購入したら、やはり普段使いですらもたつくことが多く、使っていてストレスを感じる機会が多かった。
http://www.fmworld.net/product/phone/m03/spec.html

そして内蔵ストレージは16GBなのだが、これが思っていた以上に問題で、普段使いのアプリをインストールしただけですぐに容量がいっぱいになり、新しいアプリをインストールすることができなくなってしまった。またストレージ容量がギリギリいっぱいだと動作が不安定になり、これが前述のスペックの問題と相まって非常にストレスフルで、一時は、買って半年も経たないのに買い替えを検討するレベルだった。

そんな中で、M03にmicro SDカード(SD)を入れて、それを内部ストレージとして使う、という記事をいくつか見つけた。

これらの情報は、買い替えたくても先立つものがなくて我慢するしかなかった自分にとってはまさに渡りに船だった。そこで早速、AmazonでこのMicro SDカードを注文したのだった。当時は☆4つほどの評価だったと思う。高評価なのに安価だったことが決め手だった。

ただ、全体的な高評価の反面、☆1評価が割合多かったのが気になった。一応確認すると、買って数日~数ヶ月で、壊れるというレビューが目立った。しかし、それまで自分がSDカードやUSBメモリを購入した際にハズレを引いたことがなかった当時の自分は、「どんなSDでも、ある程度初期不良があるだろうから」と、深くは考えていなかった。

届いたSDを早速内部ストレージ化し、可能な限りのアプリを(表示の上では内部ストレージになっている)SDに移動させると、保存容量に余裕ができた。そのおかげで、しばしの間自分は快適なスマホ生活を送ることができていた。とはいえ、全てのアプリがSDに移動できるわけではないため、多少容量が空くといったくらいのことだったのだが、それでも容量不足で新たなアプリがインストールできないといった事態は解消され、それだけでも満足していた。

少し雲行きが怪しくなってきたのは、新年度に入ってすぐのこと。挙動がすごく不安定になったり、動作のもたつきがひどくなった時期があったのだが、その際にキャッシュを削除すると、その状態が解消されることに気がついた。それでいい気になった自分は、自動でキャッシュをクリアするアプリを入れて、1日1回自動でキャッシュクリアするようスケジュールしたのだった。

それが良くなかったのか、その少し後から、SDに移動していたFacebookアプリなど一部のアプリが起動できない(のみならず、他のアプリを使用している際に、「動作を停止しました」というダイアログが何度も表示される)という事態が頻発した。結局この状態の原因は今でもよくわからないのだが、アプリを本来の内蔵ストレージに戻してあげるだけで解決したので、そのときはさして気にしていなかった(ちなみにTwitter アプリも、アイコンや画像が表示されないという事態が起こったのだが、これは気づかないうちに解消されていた。これもよくわからない)。

その後しばらく経った今月8月、なんとなくストレージ容量を確認していて、また内蔵ストレージに余裕がなくなってきたことに気づいた自分は、Facebookなどのいくつかのアプリを再びSDに移動させた。今思えばこれがトドメになったような気もする。

そして今日、学会を終えた自分は観光を楽しんでいた。その最中、いつの間にかスマホの電源が落ちていることに気がついた。「バッテリーには余裕があるはずなのに…」と思いつつ、再度電源を入れてみると、普段以上に起動に時間がかかる。嫌な予感は的中し、SDが正しく認識できないという通知が出た。単なる接触不良では、と疑って数度にわたって挿し直しや再起動を試してみたが、やはり改善しない。スマホの方も、本来あるはずのSDが検出されないからか挙動がおかしくなってしまい、せっかくの観光なのにカメラが使えないという事態に陥った。カメラを起動すると「ストレージ不足で使えない」旨のダイアログが出る。SDを抜いても直らない。

おそらくSDに入っていたであろうFacebookをはじめとしたアプリも起動できなくなった。それどころか、もともとの内蔵ストレージに入っているそれ以外のアプリも、なぜか挙動が不安定になった。

スマホのストレージ設定を開くと、やはりSD自体は認識されているものの、異常があるのでフォーマットの必要があるというような表示が出た。それじゃあとりあえずフォーマットしてみましょうかと試みると、エラーでフォーマットが完了できないと出てくる始末。内部ストレージとして認識されていたSDを削除し、その後再度フォーマットを試してみたものの、やはりうまくいかない。

そこでホテルに到着してすぐ、Windows機にSDを挿して、diskpartを起動し、cleanでパーティションごと削除しようとした。が、ただそれだけの処理にしては、えらく時間がかかる。「買ってすぐに/しばらくして壊れた」というAmazonでの低評価レビューを思い出し、一抹の不安がよぎった次の瞬間、

キャプチャ

で、でたーI/O デバイスエラー。万事休す。おそらくSDは死んだのであろう。

まさか自分にこんなことが起こるとは思ってもみなかったので、この事態に対しては完全に為す術がなかった。SDに移動させていたアプリやデータは根こそぎ消え、今となってはどのようなアプリがSDに入っていたのかすらわからない。これから、「さあこのアプリを使おう」と思ったタイミングで、そのアプリが消えていたことに気づき、そして再度インストールする、という営みを、消えたアプリの数だけ繰り返すという日々が待っているのだろう。

唯一の救いは、カメラで撮った写真が即時的にGoogleフォトにアップロードされる設定にしていたおかげで、写真はすべて残っていたということだ。通信量節約のためにモバイルデータ通信でのバックアップをオフにしていたら、今回の学会期間中に撮った写真は根こそぎ消えていたはずだ。

SDを抜いたら、スマホの挙動は安定し、カメラも起動するようになり、とりあえず一件落着なのだけど、また容量不足で悩まなければならないのかと思うと、ちょっと気が重くなる。とはいえSDを内部ストレージ化してトラブったときのややこしさ・面倒臭さも今回学習したので、しばらくはSDなしでやってみようと思う。

てかSIMフリー・Android・防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ対応のハイスペック機種はよ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中